こころのところ涼しいです 彩葉いろあです。


一人暮らしの準備は進んでいますか?「一人暮らし準備(記事一覧はこちら)


これからは一人暮らしの「部屋探し」のためにやること・私がやったことを順次記事にしていきますね。





住みたいエリア・街・駅を決める


まずは住みたいエリア・街を決めましょう。職場から1~3駅、家から職場へドアtoドアで30分以内に通えるところがベストです。


せっかく一人暮らしをするなら、職場の近くのエリアにした方が絶対に良いです。通勤時間の短縮は身体がとても楽になりますし、家と職場が近いほど自分の時間が増えるので、たとえお金はかかっても「一人暮らしして良かった!」と思えます


でも職場から徒歩5分など近すぎる場所に住んだら、オンとオフの切り替えが上手く出来ないかも知れませんね。会社から徒歩10分の場所に住んだことのある友人は「平日は楽だけど、休日は休んだ気がしなかった」と言っていました。休日に出歩くと休日出勤している職場の人に偶然出会ったりして休んだ気持ちになれなかったそうです。


私がオススメする住みたいエリア・街を決めるポイントは以下2点


  • 職場から1~3駅

  • 家から職場へドアtoドアで30分以内に通えるところ

といわれても・・・。住みたい“エリア・街”を考えるのってなんとなく難しくないですか? 私は住みたいエリア・街というより、住みたい駅(最寄駅をどこにするか)を考えました。


駅周辺は発展していて便利なので、住みたい駅を考えて物件を探すと便利な場所に住むことができます。駅を中心に考えると、職場までどうやって通勤するのか、通勤にどのくらいの時間がかかるのかイメージしやすいです。


住みたい駅を決める為に、まずは職場近くの駅で下車して、駅から徒歩5分~10分くらい歩いて街の雰囲気を確かめてみましょう。東口と西口で雰囲気が違うこともあります。駅周辺の街の雰囲気が気に入るかどうかはこれから毎日生活していく場所なのでとても大事。自分の脚で確かめるのが一番です!


駅を降りて歩いてみると、「ここは自分とは違うな」とか「ここに住んだら落ち着くな~」ってフィーリングでわかります。その感覚を大切にしてください。合わない場所に居続けることってとてもストレスになります。自分に合う場所(エリア・街・駅)を探しましょう。


そして先に住みたい駅(最寄駅をどこにするか)決めて下さいね。駅を絞るとぐんとお部屋探しがしやすくなるからです。


いつ駅周辺の散策に出かけましょうか? 一人暮らしのために予定を立てて行動していきましょう。


続いて≫「住みたい部屋の条件はなんですか?

関連記事
2014.08.28 Thu l 部屋探し l top