FC2ブログ

いろはいろあです。一人暮らしは、節約を人一倍考えなければなりません。電力自由化どうなったかな? 切り替えるメリットはあるの? 検討してみました。


電力自由化


  1. 電力自由化は一人暮らしにメリットなし?

  2. 電力比較サイト エネチェンジ

  3. 東京ガスに切り替えたら?

  4. Looopでんきに切り替えたら?

電力自由化は一人暮らしにメリットなし?


2016年4月からの電力自由化の話は、テレビで散々目に耳にしてきました。4月に突入し、そろそろ各社プランが出揃ったんじゃないのかな?


TBSテレビ「白熱ライブ ビビット」でやっていた解説によると、電気の検針票の「料金内訳」が3段料金まで記載されている人は、電力会社を切り替えたほうが電気代節約のメリットがあるそうです。


下の写真のピンク枠の部分ですね。


電気の検針票


3月は電気使用量が多かったものの、私は2段料金まででした。ということは、切り替えのメリットはなさそう。一人暮らしだと3段料金まで発生することはないです。


でも本当に電力会社の切り替えメリットはないのか検討しました。



電力比較サイト エネチェンジ


電力会社切り替えの検討ために利用したのは、
電力比較サイト エネチェンジ


会員登録などの面倒なことは一切不要で、各社の電気料金シュミレーション比較ができます。「どのプランを選べばよいのかわからない」お悩み解決の手助けになるサイト。



電気代シュミレーション結果 1ヶ月230Wの場合

「電力比較サイト エネチェンジ」でシュミレーションした結果。


東京ガス、ドライバーズプラン(昭和シェル石油)、東急電気などが節約になるおすすめ電力会社として出てきました。



東京ガスに切り替えたら?


私のライフスタイルとして「東京ガス」がいいかな?と東京ガスのホームページで年間電力使用量を入力してさらに細かく料金シュミレーションしました。


電気代シュミレーション結果 年間2035kw使用の場合

  • 東京電力 電気代 50,895円
  • 東京ガス 電気代 51,808円

913円割高になってしまった・・・。


東京ガスのシュミレーション結果には、「ガス・電気セット割」も「口座振替割引」も含まれています。


とても正直な結果を示してくれました。東京ガスさんの誠実なところが好きです。


東京ガスのシュミレーション算出方法は以下の通り。


・現在のご契約(東京電力の電気料金)は2016年6月1日以降適用(地球温暖化のための税の増税反映後)の料金表、当社の電気料金は2016年2月公開の料金表で計算しています。
・電気料金は税込金額です。シミュレーションを実施された時点の燃料費調整単価を使用し燃料費調整額を計算しています。再生可能エネルギー発電促進賦課金を含みます。
・当社のガスの使用状況を「使用している」「使用予定」を選択した場合、ガス・電気セット割を適用しています。
・「現在口座振替でお支払いしている」を選択した場合、東京電力の電気料金には口座振替割引を適用しています。



Looopでんきに切り替えたら?


さらに、TBSテレビ「白熱ライブ ビビット」で紹介されていた「Looopでんき」のホームページでも年間電力使用量を入力して細かく料金シュミレーションしました。


ソーラーパネル


Looopでんきは太陽光発電で自然派。5/31までに申し込むと基本料金が0円というのでお得かも!と思ったのです。



電気代シュミレーション結果 年間2035kw使用の場合

  • 東京電力 電気代 53,815円
  • Looopでんき 電気代 52,910円

905円節約と出ました。


安くなる気がするけど、東京電力の電気代が、東京ガスのシュミレーション金額と違う・・・。


Looopでんきのシュミレーション算出方法は以下の通り。


ご入力いただいた値を元に、過去の電力統計データを加味して年間のでんき代を算出しております。


シュミレーションの算出方法は各社違うのですね。東京ガスの算出方法のほうがなんだか厳密そう。


というわけで、一人暮らしでは電力会社切り替えによる電気代節約のメリットはなさそうですね。
電力会社切り替えのメリットがあるのは、TBSテレビ「白熱ライブ ビビット」でいっていたように電気使用量の多い人なのですね。


「電力比較サイト エネチェンジ」で安くなりそうな電力会社をみつけて、さらに詳細なシュミレーションは各社のホームページでやってみるとよいですよ。

関連記事

2016.04.06 Wed l 節約 l top