FC2ブログ

すがすがしい晴れの天気です 彩葉いろあです。


今日は賃貸サイトで物件検索する時のほんのちょっとのコツについてお話します。




「沿線(路線)・駅から探す」と簡単♪


賃貸サイトでは、物件は「エリア(地域・地図)から探す」か「沿線(路線)・駅から探す」ことができるようになっています。


私の感覚ですと「エリア(地域・地図)から探す」よりも「沿線(路線)・駅から探す」ほうが簡単でした


土地勘がない場所について物件を「エリア(地域・地図)から探す」のは難しいです。「エリア(地域・地図)から探す」で良さそうな物件を見つけても、「この物件の最寄り駅どこ?」って思いますし、「この物件の最寄り駅から会社(学校)までどのくらいかかるの?どうやっていくの?」と余計に考えないといけないからです。


「どうしても世田谷区に住みたい!」など住所にこだわりがある場合を除いては、「沿線(路線)・駅から探す」ほうが楽ですよ。そのためには「住みたい駅」を先に決めましょう。(関連記事:一人暮らしで住みたいエリア・街・駅を考えよう



物件数が多すぎてわからなくなった時の対処法


賃貸サイトで駅を指定して検索してみると、膨大な数の物件がヒットしますね。このままでは物件数が多すぎて好みの部屋を探せません。


そこで住みたい部屋の条件を指定していきましょう (関連記事:住みたい部屋の条件はなんですか?


賃貸サイトは「こだわり条件」等の名目で、細かな条件指定ができるようになっています。条件を沢山指定するほど表示される物件は少なくなりますが、自分が気に入る可能性の高い物件に絞り込まれていきます。気になる物件があるなら実際に問合せをしてもOKです。賃貸サイト経由で簡単に不動産屋さんへ問合せができます


問い合わせをするとお部屋の下見へと案外早くことが進んでいきます。お部屋との出会いは“ご縁”くらいに考えて焦らなくても良いですが、本当に気になる物件なら問い合わせるとよいでしょう。


賃貸サイトは例えば以下のようなサイトがあります。



どの賃貸サイトを利用するかについてですが、よほどマイナーで怪しげなサイトでない限り、好みで選んで良いと思います。まずは自分が検索しやすいな、見やすいな、使いやすいなと思う賃貸サイトを利用してみるとよいでしょう。


続いて≫「賃貸サイトをかしこく活用する方法


関連記事
2014.09.03 Wed l 部屋探し l top