いろはいろあです。一人暮らしでインターネットをつなぎたいと思ったとき、インターネット接続会社ってすごく沢山あって迷いました。


今回は、SoftBank(ソフトバンク)ユーザーが得するインターネット回線について調べました。さらにお得な申し込み方法についてもご紹介します。


SoftBank(ソフトバンク)ユーザー以外の方でも、お得な申し込み方法はありますよ。最後をチェックしてね。


インターネット接続画像


  1. SoftBank(ソフトバンク)スマホならソフトバンク光

  2. ソフトバンク光がお得なワケ

  3. ソフトバンク光の解約料はいくらかかる?

  4. au、docomoスマホユーザーでも得したいなら

SoftBank(ソフトバンク)スマホならソフトバンク光


SoftBank(ソフトバンク)のスマホを使っているのに、フレッツ光ネクストやauひかりでインターネットをつないでいる方、今ソフトバンク光に切り替えるとお得です!


SoftBank(ソフトバンク)公式キャンペーンをチェックしてみましょう。



他社インターネット回線からの乗り換えで、24,000円分の商品券がもらえるキャンペーンを実施中です。
または、月額1,000円割引×24ヶ月=24,000円割引が受けられます。


キャンペーンは2017/1/15までなのでチャンスを逃さないで。


今インターネットをソフトバンク光に乗り換えると、違約金・撤去工事費がかかる方でも大丈夫。
キャンペーンで他社違約金・撤去工事費を最大10万円まで満額還元してもらえます。



ダブルで得する申込み方法

ソフトバンク光に申し込むなら、代理店からの申し込みでもっとお得になります。


代理店の独自キャンペーンと、SoftBank(ソフトバンク)公式キャンペーンとダブルで得点が受けられるからです。


説明が分かりにくいですね。代理店の株式会社アウンカンパニーのサイトは、説明が分かりやすいのと、キャッシュバック金額も高額です。


株式会社アウンカンパニー
softbank光(株)アウンカンパニー画像


代理店株式会社アウンカンパニーは、オプション加入しなくてもキャッシュバックが受けられるので特におすすめですよ。



ソフトバンク光がお得なワケ


ソフトバンク光は申し込み時にお得なだけかと思ったら、違いました。


SoftBank(ソフトバンク)の「おうち割 光セット」は知っていますか?


インターネットとセットで、iPhone、スマートフォン、ケータイ、iPadまたはタブレットをSoftBank(ソフトバンク)にすると、2年間毎月最大2,000円割引になるサービスです。3年目以降は毎月最大1,008円割引になります。


毎月割引ってお財布には助かりますね。


あと、ソフトバンク光って対応エリアが幅広いのです。
NTT東日本およびNTT西日本の「フレッツ光ネクスト」に対応しているエリアなら、ネットをつなぐことができます。


ソフトバンク光マンションタイプの月額利用料は2年自動更新で3,800円。標準的な価格です。



ソフトバンク光の解約料はいくらかかる?


引っ越しの際など、インターネット解約に違約金を取られた経験はありませんか? 私は引っ越しでインターネット解約金を支払うことになり、地味にお財布にひびきました。


ソフトバンク光の解約料について調べました。


2年自動更新プランを契約満了月以外に解約した場合、9,500円の解約料が必要です。


やっぱりお金かかるのね。でもこれって決して高くないのです。


例えば、UNEXT光は解約料20,000円。OCN光は解約料11,000円。ソフトバンク光の解約料9,500円は、他社の光回線と比較すると高くないんですね。



au、docomoスマホユーザーでも得したいなら


auやdocomoユーザーの場合、ソフトバンク光に申し込んでもお得になりません。「おうち割 光セット」が受けられないからです。


auやdocomoユーザーは、ソフトバンク光の申込みと同時にスマホや携帯をSoftBank(ソフトバンク)に変更するとお得な場合があります。


お得になるコツは、代理店のキャンペーンをチェックして代理店から申込むこと


代理店の株式会社エフプレインでは、ソフトバンク光回線とソフトバンクスマホ・携帯同時お申し込みで30,000円のキャッシュバックを実施しています。(光回線が他社転用の場合は25,000円のキャッシュバック)。


株式会社エフプレイン


他社への違約金、撤去工事費を最大10万円まで満額還元してくれる「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」も実施しています。
適用条件があるので一応チェックしてね。

関連記事

2016.11.15 Tue l 引っ越し|手続き l top