FC2ブログ
こんばんは。彩葉いろあです。

昨日、『中居正広のミになる図書館』というテレビ番組で、「本当は不動産屋さんが教えたくないウラ情報」特集をやっていました。

家を買う場合のウラ情報がメインでしたが、賃貸においても役に立つ話がいくつかあって、面白かったです。
賃貸についても役立ちそうな内容を少しご紹介しますね

【内見のウラ情報】

不動産屋さんへ物件探しを依頼した場合、内見させる物件は3種類ある。
①見せ物件(予算オーバーだが、夢をみさせる)
②ボロ物件(現実に引き戻す)
③決め物件


①②を見せることで③の物件が引き立つので、③を即決させやすいそうです。

【デザイナーズマンションのウラ情報】

デザイナーズマンションには明確な定義がない為、
デザイナーがデザインしていなくてもデザイナーズマンションとしている事がある。


うひょ~そうなの??って感じ。
私も初めての一人暮らしで、デザイナーズマンションの部屋を下見しましたが、外観が少々おしゃれというだけで、間取りや内装が特に美しいわけでも機能的でもなく、本当にデザイナーがデザインしたの?と思った物件がありました。

【不動産サイトのウラ情報】

不動産サイトには、ウソ物件(存在しないおとり物件や終了している物件)が混じっている。

私の経験では、賃貸サイトに載っていた部屋の写真と、実際の部屋が少々違うというのはありました。
同じマンションの別の部屋の写真を賃貸サイトに載せていたのかも知れません。

当ブログでも便利な使い方を過去記事「賃貸サイトで物件検索してみよう」「賃貸サイト活用のコツ」で紹介している賃貸サイトですが、ウソ物件は、部屋の下見で分かるので、賃貸サイトを見ているだけの段階では、そこまで気にしなくても良いのかな?とも思います。

他に、事故物件についても裏話がありました。
それは、また今度にしますね



関連記事
2014.09.09 Tue l 部屋探し l top