彩葉いろあです。

賃貸サイトで気になるお部屋を見つけたら or 不動産屋さんにお部屋を紹介して頂いたら、お部屋の下見をお願いしましょう。
内見(ないけん)とも言うようです。

お部屋を下見すると、いよいよ「一人暮らしするんだ~」と実感が湧いて、現実味が出てきます。

不動産屋さんの紹介で4件、賃貸サイト経由で2件、計6件のお部屋を見学した私。
大変でしたが、当ブログを読んでくださっている方も、良いお部屋と出会うため頑張ってくださいね!

お部屋の下見の際のポイントまとめますね。
住みたい部屋の条件」を考える際にも、参考になるかな?と思います。

間取り、部屋の広さ
1Rより、1Kの方が料理の匂いが部屋に充満しにくいようです。使い勝手の良い間取りかチェック。

内装のキレイさ 
大家さんや管理会社のスタンス(メンテナンスにお金をかけているか)が分かる部分だと思います。

日当たり 
北向は寒いし日が当たらないのであまりおすすめしません。

風通し 
風通しはあった方が良いです。私の部屋はいまいちで、冬の結露が凄いです!換気扇を付けることで、フォローしています。

キッチン 
ガスコンロか、IHか好みがわかれるところ。私はガスコンロが好き。流しがあまりにも小さいと不便です。野菜を切るスペースがあるか?も大事。

洗濯機置き場 
洗濯機置き場がやたら大きく不釣り合いな物件がありましたよ。

冷蔵庫の置き場所 
冷蔵庫の置き場所が見当たらず、部屋の中に置く?という物件がありました。

バス、トイレはキレイか? 
カビが目立つようなら、住んでからもカビに悩む可能性があります。

収納 
収納は案外大事。収納が少ないと自分で棚を買ったりする出費が増えます。

フローリングの色
フローリングの色をチェックしておくと、家具を選ぶ時の参考になると思います。

エアコン付きか 
エアコンなしで、東京の夏は危険。自分で設置するのはお金がかかるし、退去の時にエアコン持っていくのは大変です。

共有スペースはキレイか
マンションやアパートの共有スペースがキレイかで、他の住人の方の性格がなんとなく分かります。

騒音は? 
鉄筋コンクリート造り(RC)が、一番音漏れが少ないと言われています。木造は音が漏れやすいそうです。また、近くに工場があると音が気になるかも知れません。

安全面 
女性なら断然オートロックが安心。マンション、アパートまでの道が安全そうか?も下見の際にチェックしましょう。

駅からの時間 
見学の際には、駅からの時間を徒歩で計ってみましょう。

不動産屋さんに車で物件へ案内してもらう場合もありますが、自分で駅から一度歩いて時間を計っておきましょう。徒歩5分と書いてあっても、案外遠い場合もありますよ。

その際、外灯があって夜は明るそうか?安全か?も意識しながら歩いてみましょう。

スーパー、コンビニ 
自炊するしないに関わらず、スーパー、コンビニが近くにあるかどうかは大事。便利さが全然違いますよ。これも歩いてチェックしてね。

チェックポイントいっぱいあるな~。





関連記事
2014.10.02 Thu l 部屋探し l top