彩葉いろあです。

部屋の下見で物件が気に入っても、申込みや契約をする前にチェックしておきたいこと

それは・・・

「事故物件」についてです。事故物件とは、何らかの事情で人が亡くなった物件のことです。気に入った部屋が「事故物件」だったら、あなたはどうしますか?

9/8(月)『中居正弘のミになる図書館』不動産ウラ情報が放送された時、「事故物件」についても取り上げられていました。

事故物件についてまとめていなかったのでまとめたいと思います。
番組のその他の不動産情報については、過去記事をご覧くださいね。こちら

以下の内容は、番組の内容と、ネットで調べた情報をまとめました

事故物件って告知義務がある?
賃貸の場合、事故物件に一度誰かが住むと告知義務は無くなるそうです。家賃も元に戻ります。ただ「人が亡くなったことはありますか?」と聞かれたら、不動産屋さんは答える義務があるそうです。

事故物件の家賃はどれくらい安くなるの?
事故後、最初の借主に対して
自然死 1割引
自殺 2~3割引
他殺 3~5割引
 となるそうですよ。

事故物件ってどうやって分かるの?
賃貸の場合、事故物件に一度誰かが住むと告知義務は無くなくなって、家賃も元に戻る。
ということは、過去に事故があっても、分からないってことですよね。でも、分かるサイトがあるんです。
「大島てる」で検索してみてください。事故物件を知ることができますよ。
事故物件サイト「大島てる」は、なんと1日100万アクセスもあるそうです。

なぜ事故物件サイト「大島てる」を運営しているの?
事故物件サイト「大島てる」運営者の大島学さんが、9/8(月)放送の『中居正弘のミになる図書館』不動産ウラ情報に出演された際には、「ジャーナリズムだと思っている」というようなことをおっしゃっていました。

あえて事故物件を探す人もいる?
家賃の安さから、事故物件に住みたいと考える人もいるようです。私は怖がりなので無理~

家賃が安くなるのは、事故後、最初の借主に対してとのことなので、あえて事故物件に住みたいのなら不動産屋さんに尋ねるのがよいかと思います。また、「定期借家」と賃貸期間が定められていて家賃が安い物件も、事故物件の場合があるようです。

私のような怖がりさんは、賃貸申込み・契約をする前に、事故物件サイト「大島てる」チェックしましょう
もう住み始めてしまった方は、見ない方がいいかも知れません。

納得のいく部屋探し、すすめてくださいね



関連記事
2014.10.06 Mon l 部屋探し l top