FC2ブログ

いろはいろあです。
東京で一人暮らしを始めるために初期費用はどれくらいかかるのか書いておきます。東京23区では一人暮らしにかかる費用はけっこう高いのです。


理由は、家賃が高いからなんです。


ワンルーム画像


  1. 東京23区の家賃相場の平均は?

  2. 東京での一人暮らしにかかる費用は?

  3. 初めての一人暮らし初期費用計算(私のケース)

東京23区の家賃相場の平均は?


一人暮らしの初期費用を計算する前に、東京の家賃相場についてみてみましょう。
初期費用を計算する上で、家賃はスルーできないからです。


東京23区で1R(ワンルーム)や1K(ワンケイ)の部屋に住むとしたら、家賃は7万円以上になることがほとんどです。


不動産・住宅情報サイトHOME'S(ホームズ)で東京の家賃相場が調べられました。東京23区の家賃相場を一部抜粋しますね。



東京23区マンションの家賃相場(ワンルーム・1K・1DK)

最高 家賃相場:港区 11.73万円
中間 家賃相場:世田谷区 8.03万円
最安 家賃相場:葛飾区 6.09万円
(2016年1月8日時点)



東京23区アパートの家賃相場(ワンルーム・1K・1DK)

最高 家賃相場:港区 9.76万円
中間 家賃相場:江東区 7.08万円
最安 家賃相場:足立区 5.88万円
(2016年1月8日時点)


※駅徒歩10分以内賃貸物件の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を軸に、HOME'S(ホームズ)の過去データを基にしたHOME'S(ホームズ)独自のロジックで算出された家賃相場です。


お住まいの地域と比べてどうですか? それでは東京23区での一人暮らしの初期費用がいくらかかるかみていきます。



東京での一人暮らしにかかる費用は?


いよいよ東京での一人暮らしにかかる初期費用をお話します。
私の部屋の家賃7.3万円を例にしますね。東京23区の家賃相場からすると7.3万円はだいたい平均的な家賃といえます


ずばり物件入居のために約40万円の初期費用がかかりました。それにプラスして、家電や家具の購入費8~15万円、引っ越し代2~7万円の費用がかかります。


合計を計算すると一人暮らしを始めるのにかかった初期費用は50~60万円でした。


家賃が7.3万円よりも安い場合は、初期費用をより安く抑えることができます。


お部屋を借りる際に最初に支払う仲介手数料・敷金・礼金などの費用は、家賃×○ヶ月分と設定されているので、家賃が安ければそれだけ初期費用も安くなるからです。


ただ東京23区で安いお部屋を探すなら、お部屋の条件については妥協する必要があります。駅から遠かったり、築年数が古いなどですね。


女性の場合は、安全な住居であることも大事なので、家賃7万円以上は考えていたほうがよいです。初期費用を安く抑えるには色々検討する必要があります。



初めての一人暮らし初期費用計算(私のケース)


私が東京で一人暮らしを始めた時の初期費用を計算しました。具体的な内訳を載せますので、計算のご参考にして下さいね。



初期費用計算(内訳)

※家賃7.3万円+管理費2000円の物件の場合


  • 仲介手数料×1ヶ月×消費税8% =78,840円
    ※不動産屋さんへの支払い
  • 敷金×1ヶ月 =73,000円
  • 礼金×1ヶ月 =73,000円
  • 賃料×1ヶ月 =73,000円
  • 管理費×1ヶ月 =2,000円
  • 入居者保険(火災保険等) =15,000円
  • 保証会社利用費 =37,500円
    ※保証人を立てる代わりに保証会社利用必須の場合
  • 鍵交換代 =17,000円
    ※鍵を交換する場合

一人暮らしにかかる費用(入居時) 合計 369,340円
これは結構な出費ですね。


さらに大抵は月の途中から入居します。
例えば、1月1日入居ではなく1月21日入居とします。その場合、上記の合計金額にプラス1月21日~1月31日まで(10日分)の家賃と管理費がプラスされます。


すると、もう少し費用はかかります。


  • 75,000円(賃料+管理費)÷30(日割り30日)×10日分 
    =25,000円 この分が加算されると

一人暮らしにかかる費用(入居時) 合計 394,340円
初期費用がちょっと増えて40万円近くになりました。


さらに家電や家具の購入費8~15万円、引っ越し代2~7万円を計算に加えると、
一人暮らしの初期費用は合計50~60万円になりました。


一人暮らしの初期費用50~60万円は、東京23区なら普通といえます


一人暮らしを始めるなら、まずお金を貯めていないと始まらないのですね…。
最低でも一人暮らしに必要な金額は貯金50万円。少し余裕をもって一人暮らしを始めたいならせめて100万円はお金を貯めてからがよいですね。


一人暮らしするために親の説得でつまづいてしまっても、OKが出たときにささっと動けるように、せっせと頑張ってお金を貯めましょう!


「10万でも20万でも初期費用を安く抑えたい!」という方へ。
初期費用を安く抑える方法について、以下にまとめました。



今回出てきた「敷金礼金」など用語の意味がよくわからないよって方は、以下もご参考にどうぞ。
関連記事:敷金礼金とは?不動産用語8つと相場を解説!

関連記事

2016.01.09 Sat l 準備 l top