いろはいろあです。
ちょうど今頃の8月下旬、一人暮らしのために引っ越しました。


せみ画像


引っ越し前にすることはたくさんあるように感じても、私の経験では大事なことは7つです。この7つ以外は気が付いたらその都度行っていけば大丈夫。


実家からの一人暮らしのときは、7つよりさらに少なくなります。引っ越し時のご参考にどうぞ。


  1. 退去・解約の連絡

  2. 引越し業者を決めて荷造り

  3. 電気・水道・ガスの停止・開通

  4. 郵便局へ郵便物の転送依頼

  5. 家電の購入

  6. 引っ越し前の掃除

  7. 引っ越し前にお役所で転出手続き


1.退去・解約の連絡


退去する部屋の大家さんや管理会社に、退去の連絡をしましょう。連絡時期は賃貸借契約書に書いてあると思うのでみてみましょう。


だいたい1ヶ月前までには連絡するように書いてあると思います。直前の退去連絡はNGであることも。気をつけてください。


インターネット契約も解約又は引っ越しの手続きをしましょう。



2.引越し業者を決めて荷造り


引っ越し日ぎりぎりに引越し業者さんを探すより、早めに引越し業者さんを決めると、引っ越し費用が安くなる場合もあります。


引越し業者さんによっては荷造り用のダンボールをサービスしてくれることもあります。


早めに引越し業者さんを決めて、ダンボールを早めに受け取って準備すれば、少し余裕ができますね。


引越し業者さん選びについては、以下の記事もご参考にしてくださいね。
(関連記事
引っ越し費用をズバット引越し比較で一括見積もり【口コミ】
クロネコヤマト単身パックで一人暮らしの引っ越し【口コミ】


捨てられるものは捨てる、買取に出すなどして荷物は少なくしましょう。荷物が少ないと引っ越し費用が安く済みますよ。
(関連記事:一人暮らしに向けて こんまり流で荷物の片づけ


荷造りは少しずつ進めておくのがベストです。でも、私はギリギリになってしまいます。



3.電気・水道・ガスの停止・開通


退去する部屋の電気・水道・ガスの停止手続きをしましょう。


新居の電気・水道は引っ越し前に開通手続きしておきましょう。いつから使用するか指定できるので前もって手続きして大丈夫です。


インターネット、電話でも手続きできます。


ガスの開栓は、ガスコンロを購入した後のほうがよいです。ガス会社さんがガスコンロとガスホースの接続を行ってくれる場合があります。


でも引っ越し当日までにガス開栓を行わないと水シャワーになるので気をつけて。ガス開栓には立会いが必要です。


引っ越し後、ガス開栓まで銭湯を利用しても楽しそう。東京には小さな銭湯が案外あるんです。新居の近くにあったら助かりますね。


(関連記事:一人暮らしの生活に必須の手続き3つ 電気・水道・ガス



4.郵便局へ郵便物の転送依頼


郵便局へ自分宛の郵便物の転送依頼をしましょう。郵便局へ転居届けを出すことで、旧住所宛の郵便物を新住所宛に1年間転送してもらえます。


延長したい場合は、再度郵便局に転居届けを出すと延長されます。


郵便局の窓口で手続きする場合に必要なものは、身分証明書(運転免許証、各種健康保険証など)、旧住所が確認できるもの(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、住民票など)です。


インターネットから手続きすることもできます。



5.家電の購入


初めての一人暮らしなら家電をそろえる必要がありますね。家電はすぐ買えるようでも、在庫がないと配送まで時間がかかる場合もあります。


最低限、生活に必要な家電(冷蔵庫・洗濯機)は引っ越し前に購入しておくのが正解です。配達日を指定すればよいのです。
(関連記事
一人暮らしにおすすめの冷蔵庫の容量・大きさは?
一人暮らしにおすすめの洗濯機容量は何キロ?



6.引っ越し前の掃除


引っ越し前にする掃除。私は新居の部屋を引っ越し前に掃除したい派


新居が遠い場合はちょっと無理かな? 私は実家から初めての一人暮らしだったので退去する部屋はなく、新居の掃除をメインに行いました。
(関連記事:引っ越し・入居前の掃除に必要な洗剤と日用品


水道を開栓していないと掃除もおぼつかないので気をつけて。


退去する部屋も掃除しましょう。


掃除してきれいな部屋にして退去した方が、敷金がより多く返金されます。(賃貸借契約書において「退去時の清掃費を借主が負担する」となっている場合)。


国交省のガイドラインでは、賃貸借契約書に退去時の清掃費について特に記載がない場合、貸主(大家さん)が清掃費用を負担することになっています。



7.引っ越し前にお役所で転出手続き


引っ越し前に現住所(引っ越し前)の市区町村役場へ行き、転出届を提出して「転出証明書」を受け取りましょう


転出手続きは、引っ越しの約2週間前から手続きできます。「転出証明書」は新住所(引っ越し後)の市区町村役場で住民票の住所変更をしてもらう際に必要となります。


転出手続きをしないで引っ越してしまうと、引っ越し後に前住所の市区町村役場へ行くか、郵送で転出手続きを依頼することになります。
面倒なので、転出手続きは引っ越し前に行いましょう。
(関連記事:引っ越し手続きは意外と簡単? 住民票・運転免許証


引っ越し前にすること7ついかがでしたか?基本はこの7つかなと思っています。


引っ越し後には運転免許証の住所変更、銀行やクレジットカードの住所変更、インターネット契約などすることが増えます。その都度確実に行っていきましょう。

関連記事

2016.08.23 Tue l 引っ越し|手続き l top