いろはいろあです。わたし自作のポテトサラダが大好きなんです。ポテトサラダを一品作るとけっこう疲れちゃうので(おいおい)、組み合わせる料理はなるべく簡単に作れるものがいい。というわけでポテトサラダウインナーとピーマン炒めを作りました。ポテトサラダに使用するゆで卵の簡単な作り方。ゆで卵の殻をつるんとむく方法。じゃがいもの皮をつるんとむく方法についてもご紹介します。

【目次】


  1. ウインナーとピーマン炒め&ポテトサラダの献立

  2. ゆで卵の時短で簡単な作り方

  3. ゆで卵の殻をつるんとむくワザ

  4. じゃがいもの皮をつるんとむくワザ


ウインナーとピーマン炒め&ポテトサラダの献立


ある日の献立
ウインナーとピーマン炒め


  • ウインナーとピーマン炒め
  • ポテトサラダ
  • トマト

ウインナーとピーマンの炒め物はレシピにならないほど簡単です。



ウインナーとピーマン炒め レシピ

材料(一人暮らし分)


  • ピーマン 3~4個 お好みで
  • ウインナー 1袋(5~6本)
  • 塩・こしょう 適量
  • しょうゆ 少々

作り方


  1. ピーマンは洗って種を取り、細長く切る

  2. ウインナーに切り込みを入れる(斜め半分に切るとウインナーが増えたように思えてお得感あり)

  3. フライパンに軽く油をひきウインナーを炒め、ピーマンも加えて炒めたら、塩・こしょうで調味する

  4. 仕上げにしょうゆを少し加えて香ばしさを出す

なんて簡単なのでしょう! もう夏は終わってしまいましたがピーマンが旬の6~9月に食べたいレシピです。ピーマンは年中出回っている野菜なのでいつでも簡単に作れます。



ポテトサラダ レシピ

市販のポテトサラダの味は苦手です。居酒屋さんのポテトサラダも好みと違うことが多く、母の作ったポテトサラダか自分で作るポテトサラダが一番好きなんです。ポテトサラダは好きなので作る量も多めです。


材料(二~三人分)


  • じゃがいも 3個(大きければ2個)
  • きゅうり 1/2本
  • ハム 1パック(5枚程度)
  • たまご 1個
  • 酢 大さじ1/2
  • マヨネーズ 大さじ5程度
  • 塩 少々

作り方


  1. たまごはゆで卵にし、好みのサイズに切る
    ゆで卵の時短で簡単な作り方ゆで卵の殻をつるんとむくワザ

  2. じゃがいもは皮をむき、ひとくち大に切って(小さいほうが火の通りが早いです)箸が通るくらいまで水からゆでる。
    じゃがいもの皮をつるんとむくワザ

  3. ゆであがったじゃがいもはお湯を切り、もう一度鍋に戻して弱火にかけて軽く水分を飛ばす。熱いうちにお酢を加えて混ぜる。粗熱をとる

  4. きゅうりは薄切り、ハムは好みのサイズに切る

  5. (3)のじゃがいもにゆで卵、きゅうり、ハムを加えてマヨネーズで調味する

  6. 仕上げに塩で味を調える(こしょうは入れないのが好きです)


ゆで卵の時短で簡単な作り方


ゆで卵はお湯を沸かす量も多いし時間もかかりますね。たった一つのゆで卵を作るのに時間と手間はかけたくない。そんなあなたへ簡単にゆで卵を作る方法があります。テレビで紹介されていた方法です。今回ポテトサラダのゆで卵は、この方法で作ってみました。


作り方


  1. フライパンにコップ半分の水を入れ、卵を入れる

  2. 蓋をして強火で加熱し、沸騰したら弱火にして4分加熱する

  3. 火を止めコンロから外して7分置いておく

  4. ゆで卵の完成

簡単ゆで卵
簡単ゆで卵


実はフライパンではなく小鍋でやってみたのです。小鍋は熱が冷めやすいので黄身がちゃんと固まるか不安で、手順(3)の段階で追加で1分半加熱しました。ゆで卵を半分に切った時、ちょっと半熟気味に出来上がったかなと心配でしたが、余熱で黄身が固まったので大丈夫でした。



ゆで卵の殻をつるんとむくワザ


さらにゆで卵の殻をつるんとむきたいあなたへ。裏技は多数紹介されていますが、一番簡単だと思った方法をご紹介しますね。


その方法は、新鮮ではない卵を使ってゆで卵を作ること


殻がつるんとむけたゆで卵と、きれいにむけなくていらいらしたゆで卵の経験はありませんか? この違いは卵が新鮮かどうかなのです。


TBSテレビ『この差って何ですか?』で紹介されていました。


【キレイにむけるゆで卵と、キレイにむけないゆで卵】この差って何?

専門家:峯木眞知子(東京家政大学 栄養学科教授)
この差は…卵が新鮮かどうか

正解は、賞味期限が迫った卵の方が、ゆで卵にしたとき殻がむけやすく、逆に新鮮な卵の方がゆで卵にすると殻がむけにくい!!
生まれたての卵の中には白身の中に炭酸ガスが含まれているのだが、その状態で卵をゆでると、炭酸ガスが熱で膨張し、白身が殻に押し付けられる形になり、殻と白身がくっついてキレイにむけなくなってしまう。
しかしそのガスは、時間とともにじょじょに抜けていくため、少し古くなって賞味期限が迫った卵をゆでても白身は膨張しないため、殻は簡単にキレイにむけるというわけ。


新鮮な卵でゆで卵の殻をつるんとむきたい場合は、卵のお尻に針で穴をあけてからゆでるとつるんとむけるそうです。



じゃがいもの皮をつるんとむくワザ


ポテトサラダを作る時、じゃがいもの皮むきも面倒です。じゃがいもの皮むきの手間を省きたい方へ。じゃがいもの皮がつるんとむける方法です。


  1. じゃがいもの皮の周りに包丁で1周切れ込みを入れる

  2. じゃがいもがやわらかくなるまで水からゆでる

  3. 皮をむく。熱いので注意

わたし、この方法試してません。じゃがいもを丸ごとゆでると、やわらかくなるまで時間がかかるからです。皮むきは楽になっても時短にはならないのですね。いつもポテトサラダ食べたさに、頑張ってじゃがいもの皮むいてます。

関連記事

2015.10.09 Fri l 料理 l top