FC2ブログ

あじさい


今日突然にスピッツの「あじさい通り」という曲が浮かびました。昨日まで雨が降っていて、今日は晴れ間が見えたからかも知れません。


秋なのに「あじさい通り」という曲が妙に聴きたくなり、YouTubeを検索。あったあった!


Youtube スピッツ「あじさい通り」


「あじさい通り」は、「ロビンソン」が収録されたアルバム『ハチミツ』の中の曲です。



ハチミツ

スピッツの「ロビンソン」や「空も飛べるはず」がヒットしていた頃は、私の青春時代でした。なつかしいなぁ。


スピッツの曲は不思議と古さを感じないですね。10代20代の子が聴くと古く感じるかな?


スピッツ「あじさい通り」の歌詞の好きなところ
スピッツ「あじさい通り」より抜粋)


雨 降り続くよあじさい通りを
カサささずに上向いて 走ってく
全部 ごちゃ混ぜにする水しぶき

・・・・・

だから この雨あがれ あの娘の頬を照らせ ほら
涙の数など忘れて
変わらぬ時の流れ はみ出すために切り裂いて
今を手に入れる

愛と言うより ずっとまじめなジョークで
もっと軽々と渡って行けたなら
嘘 重ねた記憶を巻き戻す

・・・・・


スピッツの草野正宗さんの歌詞は、なんとなく井上陽水さんに通じるものがありませんか?


なんというか言葉に説明がましいところがなくて、情景が浮かんできれい。切ない。と情緒を感じるところが似てるなと。


聴いた人それぞれに情景が浮かんでくるようなステキな曲だと思います。


イントロの「タタタタッタラララー♪」が印象的ですね。
このイントロ部分は、紙ふうせん「冬が来る前に」の間奏と似てるって話がありまして、聴いてみたところ確かに似ていました。


Youtube 紙ふうせん「冬が来る前に」


でも、いいと思うんですよ。
「タッタッタッタッタラララー♪」を際立たせた「あじさい通り」を作ってくれたおかげで、紙ふうせん「冬が来る前に」という曲を知りました。


これがなければ、紙ふうせん「冬が来る前に」っていう曲を知るよしもなかったです。


もしかしてこのメロディー「タッタッタッタッタラララー♪」が秋っぽくて、突然スピッツの「あじさい通り」を思い出したのかも。


スピッツのような曲を作ってくれるバンド、また現れて欲しいな~。
詩的な曲が聴きたいな。


いろはいろあでした。

関連記事

2015.11.15 Sun l 日記|ニュース l top